☆家族で釣りはじめました☆

堤防からサビキやちょい投げで楽しむ初心者夫婦の釣り日記。千葉、ときどき宮城より。
2016年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年08月
ARCHIVE ≫ 2016年08月
      

≪ 前月 |  2016年08月  | 翌月 ≫

私事ですがちょこっと体調を崩しています...(. _. )

8/10更新した記事に胃の不快感と痛みがあり受診、アイナメのお刺身に虫でもいたかなぁ...?という内容を書きましたが、その後の体調が思わしくありません。



8/6 夜に胃部の不快感、痛みあり
8/9 近所のクリニックを受診
(整腸剤を処方される)

8/12 左脇腹、左背中の痛みに変わる
8/15 大きめの病院を受診
・腹部超音波検査
・レントゲン検査
(このときは特に異状なしの結果)

20160820214332544.jpg

8/16 膝下にしこり状の
痛みのある発疹が無数に表れる。
(これはまずい、絶対内臓の病気だぁT_T)

8/17 再度大きめの病院を受診
(大きい病院へと紹介状を出される)

大学病院(消化器内科)を受診。

・血液検査
(細いね~と必ず言われる血管、もれなく失敗付き
・尿、便検査
・腹部超音波検査
・胃カメラ(人生初
・CT造影検査(人生初


歩くだけで痛みのある中、朝から飲まず食わずでの病院の移動、検査が朝から夕方までかかりひとつの検査の待ち時間が1時間以上・・・たぶん胃カメラで体力を使い果たし、CT検査の前には脳貧血を起こし発汗、めまい、吐き気でクラクラしてきて病院で倒れるところでした。CTで横になったら回復(笑)検査だけでヘトヘトな一日でした~(;・д・)


ここまでを受けて、
炎症を示す CRPの数値が13と高値。
(基準値は0.5以下)
右の腸とリンパ節の腫れ。

内科で「右の腸炎」
皮膚科で「結節性紅斑」と診断される。

腸炎では女優の杏さんが入院されたことが記憶に新しいですね。


左の痛みの原因は分からずに、
大腸カメラ、泌尿器科受診を勧められる。

抗生剤、整腸剤、ヨウ化カリウムを内服しながら経過をみています。





現在、左の痛みはなんとなく落ち着き、

膝下の紅斑が膝下全体と太ももや腕にまで広がり、このすべてが炎症を起こしているので足は象のように腫れ上がり、身体が闘っている反応か37.7~37.9℃の発熱もあり、


激痛で歩けません
(これが予想外に大変・・・´д` ;)



画像を載せようと思ったけどちょっと重症でうっ。。。(- -#) と引く人も多いかと思うので控えます...

この紅斑が悪性腫瘍や潰瘍性大腸炎、ベーチェット病、膠原病(祖母が治療中)などの内臓疾患が元になって起こることもあるそうなので不安です。。。



この結節性紅斑は治るまでに
2週間〜6週間ほどかかるそう。


千葉に帰るまで残り、一週間。
小学校があるので延期はできません
せめて日常生活ができるまでに回復したいところです

頑張れ私の身体~( ̄^ ̄)ゞ


http://fishing.blogmura.com/chibaturi/

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
釣りの方はしばらくお休みします( _ _ )

にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村


*お買い物の際はこちらからどうぞ*
スポンサーサイト