☆家族で釣りはじめました☆

堤防からサビキやちょい投げで楽しむ初心者夫婦の釣り日記。千葉、ときどき宮城より。
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOP茨城(鹿島) ≫ 2016.2.21 (日) 初めての鹿島港に行ってきました。

2016.2.21 (日) 初めての鹿島港に行ってきました。

日付:2016.2.21(日)
時間:13:30~16:00
天気:晴れ
場所:鹿島港魚釣園


今回は気になっていた初めての場所、
鹿島港に行ってみました。

とは言え出発が遅れてしまったので、
エサは買わずに前回の残りを持ち
ふらっと調査です。

行きは一般道、2時間10分で到着。
ふらっとの距離ではありませんでしたが(笑)

こんなところから入るようです。
20160221182142646.jpg

いろいろなポイントがあるようですが
今回は柵あり、トイレあり、
ゴミなしの魚釣園を選択。

大人200円、
子供100円(小中学生)

有料ですが、
市原の海釣り施設よりは
良心的な価格設定ですね!(^^ )

釣り場に到着です。
20160221182144377.jpg

いつもは東京湾側なので
久しぶりの太平洋側の景色を眺めます。
20160221182145281.jpg

飽きっぽい長男くんも
今日は自分で仕掛けをつけて
投げてますよ~♪(。・∀・。)ノ
20160221182146110.jpg

釣り人はそこそこいるけれど、
誰も釣れていない雰囲気ですね(^-^;)


前回の死にかけアオイソメくんは
長男が使ってなくなりそうなので、
私はルアーの練習でも。



釣れました。

ナマコ ( ̄∇ ̄)
何気に人生初です(笑)


パパに食べたら~??と聞いたら
いやだ、って (笑)
次男くんに踏みつぶされかけたので
海へお帰りくださーい(*゜▽゜)ノ

20160221182148295.jpg



釣れないまま15:00を過ぎて、
お向かいで釣りをしていた若いお兄さんとおじさまのペアに息子達が話しかけ (ちょこまかとすみません...)、もう帰るからとアオイソメをもらったそう(*゜▽゜)

バイバイと息子達に手を振ってくれた
お兄さん達にお礼をしました。

さっそく次男がばらまいていたけど、
元気なイソメがまるまる1パック!

息子達グッジョブ(。・∀・。)ノ(笑)


せっかくなので
遊んでいたルアーから
アオイソメに変更です(*・ω・)ノ


長男くんの釣り竿では巻くたびに
エサがちぎれてくるので、
なにか餌取りがいるのかな??


でも、釣れませんね~~~。

。゜(゜´Д`゜)゜。




さ、帰りも長旅だし
そろそろ切り上げよう~。
と巻いたときになんか重い。


海草かゴミかナマコか、
はたまたカレイでしょうか~??(笑)
海底は砂地、カレイがいるそうです。


遠目から、やったハゼ!?とパパ。
ハゼ・・・ハゼ~???(・_・;)えぇ

(注※パパの視力は2.0 笑)
201602211824084d4.jpg

なんだろコレ・・・
気持ちわる〜い (((゜ロ゜;



毒があるかも分からないので、
パパが針を外してくれました。
がっつりとアオイソメ食べてます。
20160221182405eaf.jpg


受付の人に聞いてみたら、
ツブみたいだけど
貝はよく分からないとのこと。
とりあえずお持ち帰り。


帰り道の夕陽がきれいでした。
201602211824032c9.jpg
このときにグミを食べたら歯の詰め物がとれてしまい、日曜日診療時間ギリギリの歯医者にかけこむアクシデントがありました。麻酔をして削ることになり夕食抜きでしたとさ( ノω-、)トホホ...



釣れたこの貝を調べたところ、
ツブ貝、、、違う
ツメタガイ、、、違う
あれでもない、これでもない。

鹿島で同じ貝が釣れたというブログを発見するも、種類が分からずにリリースしています。

そうしていろいろ探していたら
ヒットあり!

モスソガイ

これだぁ~☆(゜∀゜)

20160222143149757.jpg

ふむふむ (._.)φ

ツブ貝の種類で、
青森でツブ貝といえば
このモスソガイなんだそう。
「青森 つぶ貝」で検索かけると本当に出ました!


そして食用、美味と ( ´ ▽ ` )


ということで作ってみました。
モスソガイの酒蒸し、エビ添え♪
2016022122295276c.jpg

う〜ん!
ツブそのものの食感と味!
美味しくいただきましたぁ (*^▽^*)♪

今のところお腹は痛くありません(笑)


※「ツブ」と呼ばれる巻貝数種は、唾液腺の部分に人の神経を麻痺させる「テトラミン」という物質を含むため、酒酔いのような症状を起こすことがあるそうです。死亡例はないそうですが、唾液腺の除去が出来なければ自分で捌いて食べない方が無難かもしれません。



ボウズは逃がれたと言ってよいでしょうか??
でもやっぱりお魚が釣りたい (笑)
ポチッと応援お願いします(o^^o)ノ
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ



関連記事
スポンサーサイト

Comment

鹿島行きましたかぁー。
編集
釣園は、私は未開拓なんですよねぇー。その近くに、ポートラジオやアイナメなんかが釣れるポイントがあるんですよね。

あと、鹿島で必ず釣れるその貝の名前が解らないでいたんですよーー。
謎が解けた(笑)

今週末に、うちは若洲海浜公園に行ってきますねぇー。
頑張って来ます🎶
いつか、うちの子供らと釣りしましょうね。



2016年02月23日(Tue) 03:00
No title
編集
鹿島港お疲れさまでした!

やはり日帰り釣行は下道で片道2時間が限界ですね、でも現着13時30分
からのトライはビックリポン!や。

海の中は1か月遅れだそうですから今はまだ真冬、
水温が上がれば外海からかなり魚が入ってくるのは間違いないでしょうね。

冬場は釣り場の下見に徹することにしよっと・・・

始めたころは天気さえよければエサつけて放り込んでおけば
なにか釣れるだろう的なあま~い考えでやってましたね。

そのうちシーズンによって釣れるものは刻々変わることを知りました。

こんなサイトもありますよ黒潮の蛇行具合、

http://www.agri-kanagawa.jp/suisoken/kaikyozu/1to3ken.asp?tn=01&y=2016&m=12&d=21&disp=&kensaku=%8C%9F%8D%F5%2F%95%5C%8E%A6

今の海水温、確かに釣れなくなった12月の海水温と同じです、いつになったら海水温が上がりだすのかそして釣れ出すのか経験がありません。

昨年の海水温の状況見てもまだまだ先のようです。

皆さんの釣行情報は貴重です。

且つ潮汐表も重要な情報ですね。

こちら
http://tide.chowari.jp/index.php

地元の釣り師さんたちは一旦引き揚げ釣れそうな時間にまた出没します。
潮時ってやつですね!

とは言っても限られた時間でしかいけなので天候優先、潮汐、風向き等いろいろ
条件が・・・・・
釣り場の引き出しが増えるよう努力するしかないですね?

あと、釣りにいけない日はこちらのサイトのライブカメラで海の風景でも
いかがですか?
銚子マリーナと屏風ヶ浦のライブ映像が見れます。
http://www.choshimarina.co.jp/

船をお持ちのリッチな方々の釣果情報もたまにのってます。

残念ながらこちらのマリーナは内側に向けての釣りは禁止のようです、
ここは寒くなってからからしか行ってないので私は釣れた実績はなしです。

が~ ここは超高級なものを釣ってる方を見かけますよ。

以上、釣りは科学といわれる所以から潮汐と海水温のお話でした。

あ~釣り行きたい。





2016年02月23日(Tue) 18:02
Re: これさん
編集
行ってきました~!
久しぶりの新規開拓です(。・∀・。)
釣園に入る前に少し回ってみましたが、ポートラジオや東電の吸水口などたくさんポイントがある大きな漁港のようですね。

って、やはり貝が釣れるんですね!
ブログに登場しているお兄さんもたぶんこの貝が釣れていましたし、鹿島がメッカなんですかね(笑)

今週は若洲ですか~☆
うちも一度行ったことがあります。
強烈な根掛かりゾーンがあるそうなので注意してくださいね~。怪獣達がいる我が家ですがぜひぜひ釣りご一緒しましょう(*^▽^*)ノ
2016年02月23日(Tue) 22:47
Re: あきたこまちさん
編集

コメントありがとうございます♪

あまりのスロースターターで2時間かけて遠征するのももったいないですよね。早起き頑張ります(笑)

潮回りは主人がチェックしていて満潮干潮の前後2時間ほどは意識しているんですが、子連れなのもあって天候優先の昼間になってしまいます。時合いを押さえても釣れなかったり...(^-^;)

銚子や屏風ヶ浦は新婚の頃のドライブで激うまのイワシ丼を食べた思い出があります。釣りでも今度行きたいですね~(^^)

参考サイトありがとうございます。
海水温も気温も暖かくなったら爆釣したいですね!頑張りましょうo(^▽^)o
2016年02月23日(Tue) 23:27












非公開コメントにする